大阪ナイトカルチャー

NEWS一覧へ

世界に誇る多くの伝統芸能が生まれた都市、大阪で新たなビジター向けエンターテイメントショーがはじまります。
その名も「大阪ナイトカルチャー」。伝統芸能を生かした「OSAKAトラディショナル・エンターテイメント」と女剣士たちが乱舞するチャンバラ活劇「ノンバ―バルエンターテイメント」が登場します。会場は大阪の2大観光スポット、道頓堀と新世界。
とにかくポップで楽しい大阪の新しいエンターテイメントショー「大阪ナイトカルチャー」をお楽しみください。

「文楽Show」

~文楽の面白さを落語家がナビゲート~ 監修:吉田一輔

Bunraku: Japanese Traditional Puppet’s Show

落語家が初めての人にも、わかりやすく文楽の世界をご案内します。
太夫の語りの迫力、太棹三味線の音色の素晴らしさ、間近に見る人形の美しさをお楽しみください。

[日程]2018年1/15(月)・23(火)・24(水)
[時間]19:30~21:00(開場19:00)

[出演]
太夫:竹本小住太夫
三味線:鶴澤清𠀋 鶴澤清公
人形遣い:吉田一輔 ほか
お囃子:望月太明蔵社中
[ナビゲーター]
桂佐ん吉(落語家)

[プログラム]
◎桂佐ん吉の口上
◎文楽(太夫・三味線)及び人形解説
◎人形遣い体験
◎「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段(だてむすめこいのひがのこ ひのみやくらのだん)」を上演

[文楽とは?]
人形浄瑠璃文楽のこと。日本を代表する伝統芸能の一つで、太夫・三味線・人形の「三業」が一体となった総合芸術。

「春野恵子の浪曲Show」

~ポップでたのしいロック浪曲~

Rokyoku: The Japanese Musical Art of Storytelling

世界各地で公演をつづけている、浪曲師 春野恵子が伝統芸能をベースに「ロック浪曲」なる新ジャンルを開拓。誰もが知っているヒット曲に乗せて、歌って唸って笑わせる楽しい浪曲ショー。

[日程]2018年2/1(木)・19(月)・20(火)
[時間]19:00~20:30(開場18:30)

[出演]
春野恵子(浪曲・ボーカル) 
一風亭初月[曲師](浪曲三味線)

[演奏]
東野ひろあき(ギター)
赤石香喜(ピアノ)

[プログラム]
◎浪曲の解説
◎浪曲の掛け声体験
◎日本語・英語浪曲のさわり
◎洋楽にあわせた「浪曲Show」上演

[浪曲とは?]
明治時代初期から始まった演芸の一つ。
「浪花節(なにわぶし)」とも言い、三味線を伴奏に用いて物語を語る。

[各公演]前売=2,000円/当日=2,500円〈全席自由席〉

[チケット取扱い]
◎ホームページ

◎チケットぴあ http://t.pia.jp/ tel:0570-02-9999 
「文楽Show」(Pコード:483-598)
「浪曲Show」(Pコード:483-599)
チケットぴあ店頭、セブンイレブン、サークルKサンクスでご購入いただけます。(Pコードが必要です)

[お問合せ]Fesnet
Tel:06-6372-3690/Fax:06-6372-3691

[会場]国立文楽劇場小ホール
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-12-10 
TEL. 06-6212-2531(代表)

地下鉄(堺筋線・千日前線)「日本橋」駅、(近鉄奈良線)「近鉄日本橋」駅下車7号出口より徒歩1分
エレベーターご利用のお客様は10号出口エレベーターをご利用ください。

総合監修=東野ひろあき
テクニカルディレクター=山添寿人(関西舞台株式会社)
広報宣伝=池田加奈子(i・ディレクションズ)
総合プロデューサー=松原利巳(Fesnet)
企画・制作=Fesnet
後援=駐大阪韓国文化院
主催=関西舞台株式会社